張り紙は都市伝説?安全に即日融資を受ける方法

即日融資で今すぐにお金を借りたい、でも知識がないのでどこから借りたらいいのか分からない、そんな方がつい利用してしまうのが電柱などに張られたチラシです。大抵のケースで携帯電話番号が書いており、そこに電話をかけると即日融資を受けられるシステムになっていますが、こうした張り紙の金融会社は非常に危険です。

張り紙の金融会社は一般的に闇金と呼ばれる業者に分類されています。
実際に対した審査を受けることもなく即日融資は可能ですが、闇金業者を利用するとトイチやトゴなどの法外な利息を取られ、延々と返済を続けていくことになる危険性があります。

そもそも貸金業を営むためには貸金業法に則り、国または各都道府県にて登録をする義務があります。営業にあたり広告には貸金業登録番号を記載する必要があり、張り紙のみで住所不定で携帯電話番号で運営する正規の貸金業者は存在しません。また、金利も法律によって上限が定められており、年利20%以上はかけることができません。
では、張り紙の融資が法人ではなく個人間融資である場合はどうでしょうか。

個人間融資でも事前に金利を設定しておけば利息を受け取ることができ、貸金業法は適用されないため、闇金業者は法人ではなく個人の融資であると言い逃れの常套手段に利用しています。しかし法律上の上限金利である年利20%は法人や個人に関わらず適用されるため、いずれにしても年利20%以上での貸付は違法になります。
違法貸付の契約は無効なので返済の義務はないとしても、闇金を利用した以上は違法なのでという言葉だけで逃れることは難しいでしょう。

即日融資を利用したいのなら、名の知れた大手消費者金融を利用するのが安全です。

即日融資カードローン解剖|審査なし?審査甘い?噂の全容大解剖はこちら